あご ニキビ

あごのニキビはインナードライが原因かもしれません!

あごに発生するニキビの原因は様々ですが、一つの原因として考えられるのが紫外線によるダメージです。あごは紫外線に晒されやすい部分ですし、肌細胞にダメージを与えてニキビに発展してしまう事もあります。

 

そのため、まずはなにより保湿を行う事が大切です。お肌が乾燥している状態だと肌のバリア機能が低下してしまうので、外的な刺激を受けやすくなってしまうのです。特に年齢を重ねた女性の肌は潤い不足になっている傾向があるので、脂性気味の肌のようで実はインナードライになっていることが多いのです。

 

インナードライだと肌の内側が潤い不足になっている可能性があるので、きちんと保湿をして外的な刺激から肌を保護してあげるようにしてください。

 

夏場に限らずUVカットを行うのも基本です。紫外線は年中降り注いでいますので、きちんとUVカットをしてあげる必要があります。ですから外出する際にはUVカットクリームなどを活用するなどの対策が必要ですし、また夏場などの日差しが強くなる時期には日傘を利用するなどの対策も併せて行うようにするとさらに効果的です。

 

マスクを使ってあごを隠すという対策方法もありますが、これだと蒸れてしまうことで雑菌が繁殖したり、擦れる事によって刺激になる事があります。そのため、マスクでの紫外線対策は注意が必要です。

間違ったスキンケアやお肌に合わない洗顔料は肌トラブルの原因です

間違いのあるスキンケアもあごのニキビの原因になります。例えば何度も洗顔したり、ごしごしと洗い過ぎて皮脂を全部洗い流すような洗顔方法です。

 

ニキビを予防したり治していくためには洗顔が大切ですが、しかしながら洗い過ぎになるのは良くありません。必要な皮脂まで落としてしまう原因になりますし、皮脂が不足すると肌を守るために今度は逆に皮脂の分泌が活発になり、余計にテカリが強くなる事もあります。洗っても洗っても皮脂が出てくるという方は、洗い過ぎになっていないか確認してみましょう。

 

また、すすぎ残しが発生していないかどうかもチェックしてみる事が大切です。あごを含むフェイスラインというのはすすぎ残しが発生しやすい部分でもありますので、洗顔料が肌に残ってしまって肌への負担になっている事もあります。意識してすすぐようにしないと洗顔成分が残ってしまいますので、十分に洗い流すように心掛けるのがポイントです。

 

時には洗顔料自体を見直してみた方が良いかもしれません。洗顔料には合う合わないがありますし、もしかしたら肌に合っていない可能性もあります。肌に合わない物を使っていると当然刺激になりますし、それが原因でニキビになる事も十分に考えられます。

 

肌トラブルや丁寧にケアしてもなかなかニキビが治らないときには、別の洗顔料も使ってみて様子を見てみる事も大切です。

冬は乾燥が気になって色々とお肌のお手入れをしますが、それが反対にニキビが増える引き金になっているように考えることがあります。普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することがお肌を刺激することになり、毛穴くろずみや炎症を誘発して、この季節でも吹き出物が出来てしまうことがあるそうです。肌荒れとニキビが関連していることも可能性があります。ニキビはホルモンバランスの低下が主な原因なので、特に思春期に出現しやすいです。とは言っても、思春期をすぎてもできるケースがあり、その場合には大人ニキビや吹き出物と言われます。この大人ニキビの要因の一つが肌荒れですから、肌の手入れや生活習慣には注意が必要です。自分で出来るニキビへの対応は、どれほど眠くてもメイクは絶対に落として床につくことです。メーキャップすることにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌に休息を与えたいのです。メイク落としにも気を配っています。オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど様々なものを使ってきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。知っての通り、ニキビは女性であろうと男性であろうと嫌なものです。なるべくニキビにならないように対策をとっている人は大勢いると思います。ニキビができてしまった肌への対処法の一つに水で洗顔する方法があります。ニキビができた途端に、やたらに洗顔してしまったり、洗顔料で洗顔するのがよいと思ってしまいますが、これらはダメなのです。ニキビをできにくくする飲み物は、今まで聞いたことがありません。でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、お肌を刺激してしまうことがあるので、控えた方が良いです。ニキビと肌荒れは別のものですが、肌のために良くない事をすると、ニキビをひどくする原因にも繋がりやすいのです。